沖縄を学ぼう!

沖縄を学ぼう!-沖縄を学ぼう!は、国内地域の情報サイトです



沖縄県の現状

沖縄県は日本の南西に位置しています。気候は亜熱帯に属します。沖縄本島を含めた離島すべてが年間を通してすごしやすい気候のため、近年県外からの移住者が増え続けています。生活環境も新都心の開発が進むにつれとても過ごしやすくなっています。大型のショッピングセンターがふえ、今までの不便な買い物環境は殆ど感じることがなくなってきました。また、品揃えや物価も関東圏と大きな違いもなく他県からの移住者もそこまで不便を感じることがないことも沖縄移住者が増える要因のひとつではないでしょうか?しかし、経済面では日本の中でもだいぶ低い所に位置します。商品の販売料金は生活水準の高い地域とさほど変化がない割には、沖縄県の生活水準は低いままですので、生活水準の差はどんどん大きくなっていく現状のようです。沖縄県の最低賃金は常にギリギリを守っており、給与が低いことも全国的に有名ではないでしょうか?県外企業が誘致されても、沖縄県で雇用された社員の給与は本社との差が生まれているのも事実です。沖縄県内でもこのような所得の差は広がりつつあり、失業率も高いです。観光産業や大手企業のコールセンター等働く環境はあるのに、失業率は高いままです。給与が安いばかりにやめてしまう人が多数いることでしょう。失業率の高さは沖縄県の問題としてあがり、改善策が求められています。

県庁所在地は那覇市です。那覇は沖縄の経済や産業が集中している地域でもあり、県外から移住してきた人も多数生活しています。また、沖縄県に唯一あるモノレール、ゆいレールも現在は那覇市内にか走行しておらず、それ以外の地域に住む県民の殆どはゆいレールに乗る機会がありません。県民の移動は車になります。自家用車を各家庭1台ではなく、一人1台といったように家族全員が車を所有している家庭が多いでしょう。駐車スペースや燃料代の削減から、普通乗用車ではなく軽自動車を好む傾向があります。また、公共交通のバスもありますが、免許を取得した後からはだいぶ乗る機会が少なくなっていきます。バスも交通渋滞の影響で予定時刻に到着しないことが発生することもあり、タクシーの利用率は全国的にみても高いそうですよ。確かに、学生がタクシーに乗る場面を良く見かけます。タクシーの初乗り料金が安いので相乗りで利用するとその他の交通費よりもお得なので、通学にタクシーを利用する学生が多いのです。また、おじぃやおばぁも病院等に出かけるときにはタクシーを利用することが多いですね。高齢でも自分で車を運転するおじぃおばぁもたくさんいます。とにかく沖縄では車がないと生活するうえで多少の不便を感じるかもしれません。沖縄へ移住を検討しているのなら、車の手配も忘れずに。那覇市内であればゆいレールや市内線のバスも多数運行しているので車がなくても快適に生活できると思います。那覇市内では逆に駐車場の確保が難しいかもしれません。那覇市での生活を予定しているのいであれば、車は避けたほうが無難かもしれません。